人体への影響 / 腫瘍、治療に関与する因子

3. 人体への影響

A. 組織、臓器に対する作用と機能維持

a. 感受性  

b. 耐容線量 

c. 分裂組織、非分裂組織 

d.
リスク臓器〔パラレル(並列)臓器、シリアル(直列)臓器〕

2017 592014 512013 652012 65

・並列臓器

:「」「」「腎臓

機能損傷に至る線量を照射された部位の臓器全体に占める体積の割合に左右されるため,DVH解析が有効

・直列臓器

:「消化器」「脊髄」「中枢気管支

 耐用線量の把握が有効

 

e. 組織構造〈部分的照射、繊維化、機能低下、幹細胞〉

f. 早期反応  

g. 晩期反応  医学系まとめノートへ

 

B. 個体レベルの作用   

a. 機能低下   

b. 個体死   

c. 胎児被ばく   

d. 発がん

 

C. 放射線防護の生物学  

a. 確率的影響  

b. 確定的影響  

c. 早期組織反応  

d. 晩期組織反応

 

D. 放射線障害(有害事象)と回復   

a. 非回復性障害   

b. 回復性障害



 

4. 腫瘍、治療に関与する因子

A. 腫瘍、正常組織に対する作用

a. 悪性腫瘍の効果修飾要因〈幹細胞の感受性、細胞動態〉

b.
腫瘍コード (2016 57

 腫瘍血管を中心に酸素に富んだ細胞が、外側に行くにつれて低酸素細胞が増殖細胞を取り囲むようにできている半径150μm程度の索状構造

 

c.
4R
2017 572016 602014 682013 682012 70

回復修復Recovery, Repair

  SLD回復PLD回復1時間以内と26時間)、
生存率上昇

 

 ・再酸素化Reoxygenation

  OER、生存率低下24時間以内に発生

 

 ・再分布同調Redistribution

  10時間前後で発生、細胞周期による感度の違い 生存率低下

 

 ・再生Regeneration)、再増殖Repopulation

  正常組織の再生、20時間後程度で発生

 

d. 分割照射法〈α/β〉 

e. 治療可能比〈TR〉 

f. 早期正常組織反応  

g. 晩期正常組織反応 

h. 体積効果

 

B. 放射線感受性修飾の物理学的要因  

a. 空間的線量分布  

b. 時間的線量分布  

c. 線質〈LET

 

C. 併用療法の生物学

a. 化学放射線療法

b.
温熱療法

温度効果

 「S期後半」「pH」「血流不良」で効果が上昇

 3942:加熱中に耐性が生じる

 43以上:二度目に耐性が生じる

 「放射線治療」「抗がん剤」と併用すると増感効果がある

 

c. 分子標的治療薬  

d. 修復阻害剤  

e. 低酸素細胞増感剤   

f. 放射線防護剤

コメント

error: Content is protected !!