核医学薬剤まとめ / 放射性医薬品

核医学検査の薬剤まとめ
(撮影時間、投与方法
)

 

診断機能

放射性医薬品

検査時間

血流量

99Tc-HM-PAO

99Tc-ECD

HMPAO530後  

ECD5以後

123I-IMP

早期相1530

後期相35時間

脳脊髄腔

111In-DTPA

腰椎穿刺3,5,24,48時間後に約20

神経受容体

123I-イオマゼニル(IMZ)」 

静注3時間

18F-FDOPA

静注12時間

心臓

心筋血流量

201TlCl

静注1010間、3時間30

99mTc-MIBI

99mTc-TF

静注3030間、3時間後二回目検査

心プールシンチ

99mTc-RBC

99mTc-DTPA(-HAS)

静注直後から30

脂肪酸代謝

123I-BMIPP

静注3030

神経伝達

123I-MIBG

静注20後、3時間後に30

心筋梗塞

99mTc-ピロリン酸(PYP)

静注3時間30

111In-抗ミオシン抗体

 

肺血流

99Tc-MAA

静注直後から5

(静脈の場合は30分間)

換気機能

133Xe」「81mKr-ガス

経気道吸入直後から30

吸入シンチ

99mTc-ガス

99mTc-DTPA

経気道吸入直後から30

99mTc-HSA

99mTc-フチン酸

経気道吸入

消化管

肝シンチ

99mTc-フチン酸

99mTc-スズコロイド

静注2030

肝受容体シンチ

99mTc-GSA

静注直後から30

肝胆道シンチ

99mTc-PMT

静注直後から2

唾液腺シンチ

99mTcO4

静注直後から1

腎臓

腎静態シンチ

99mTc-DMSA

静注2時間20

腎動態シンチ

99mTc-DTPA

99mTc-MAG3

静注直後から20

内分泌

甲状腺シンチ

Na123I」「Na131I

経口投与3(123I)24(131I)時間20

99mTcO4

静注直後から1時

副甲状腺シンチ

99mTc-MIBI

静注30,60,12010

201TlCl」「99mTcO4

静注10後から10間、205

副腎髄質シンチ

131I-MIBG

静注24,48時間30

副腎皮質シンチ

131I-アドステロール

静注3,5,730

シンチ

99mTc-MDP

99mTc-HMDP

静注3時間20

造血系

骨髄シンチ

111In-Chloride(InCl3)

59Fe」「52Fe

静注48時間30

99mTc-スズコロイド

静注30

リンパ節

99mTcスズコロイド

皮下注入1,4,2024時間

99mTcアルブミン

皮下注入30,60

脾臓シンチ

99mTcスズコロイド

障害99mTc赤血球

静注1時間

腫瘍炎症

SPECT

67Gaクエン酸

静注6,4872時間後に30

201Tl+

静注10後と3時間後に30

PET

18F-FDG

静注60

 








 

1. 放射性医薬品

A. 放射性医薬品の特徴 

a. 核種 

b. 標識化合物  

c. 物質量〈トレーサー量〉 

d. 副作用〈薬理作用〉

e. 物理的半減期、生物学的半減期、有効半減期

f. 集積機序〈単純拡散、化学吸着、イオン交換、能動輸送、代謝基質、受容体結合、エネルギー源〉

 

B. 製造法、調製法、品質管理

a. ジェネレータ〈カウ〉とミルキング

99Mo-99mTcジェネレータと標識法 2017 322012 33

・ミルキングの方法

 1,親核種99Moアルミナ(酸化アルミニウム)樹脂に吸着させ、カラムに詰める

 2,溶出液(生理食塩水)を流して、99mTc O4を溶出する

 

 放射平衡が成り立つのは72時間後

 24時間後に87(極大値)

 48時間後に94%となる

 

b. 放射性医薬品の調製

c. キレート結合

 

C. 品質管理<QC>

a. 放射化学的純度

・収率

目的の物質を得るためのプロセスにおいて、

理論上得ることが可能な最大量に対する実際に得られた量の比率

 

放射化学的純度(標識率) 
2017 31

 =「目的標識化合物の放射能」÷全体の放射能」×100[%]

 

・放射性核種純度  (2012 33)

 =「目的RIの放射能」÷全体の放射能」×100[%]

 

・純度検定

 化学的純度+放射化学的純度

 

コメント

error: Content is protected !!